私たちのオフィス
Franziskanerstraße 10, 80331 Munich, Germany
私達に電子メールを送り
[email protected]
お電話ください
+49 89 728856189

ハイメ・ゾベル・デ・アヤラとリチャード・ゴメスの電球物語の事実確認

この記事では、ソーシャル メディアで広く共有されたハイメ ゾベル デ アヤラとリチャード ゴメスの話の背後にある真実を調べます。話によると、2 人のフィリピンの実業家は、少年が壊れた電球をさびた釘に取り替えるのを見た後、少年の創意工夫に感銘を受け、100 万ペソの現金を彼に与えました。

この記事は、その背景と情報源をファクトチェックすることで、この話を暴いています。信頼できる情報源がこの話を確認したことはなく、それを裏付けるニュース記事や信頼できる証拠もないことを指摘しています.さらに、この話は少なくとも 2015 年からソーシャル メディアで広まり、何年にもわたって変化し、進化してきました。また、ゾベル・デ・アヤラもゴメスもこの話についてコメントしていない.

この記事では、この話の妥当性についても検討しています。たとえそれが起こったとしても、2 人の実業家は少年に 100 万ペソの現金を渡すことはなかったでしょう。また、この話はゾベル・デ・アヤラやゴメスの既知のキャラクターには合わないと主張している.

結論として、この記事は、信頼できる情報源やそれを裏付ける証拠がないため、この話はでっち上げである可能性が高く、2 人の実業家の性格を考えると非常に信じがたいと判断しています。

「数か月前にこれについての記事を見たのを覚えています。それはサンデー・タイムズ・マガジンという雑誌に掲載されていて、ハイメ・ゾベル・デ・アヤラとリチャード・ゴメスが村を歩いていて、小屋の中にある電球を見たというものでした。彼らはなぜ電球があるのか​​家族に尋ねたところ、家族はそれが2人からの贈り物だと言いました.この話は実際に本当でした.

ハイメ・ゾベルとして有名なハイメ・ゾベル・デ・アヤラは、1984年から1994年にかけて、アヤラ・コーポレーションの社長兼取締役の立場で確固たる地位を築いたフィリピン人の財務マネージャーです。

彼は現在、名誉会長の名誉ある足場にしっかりと立っています。さらに、ゾーベルは、1970 年から 1975 年まで駐英外交官を務めたフィリピン共和国の立場を堅持しました。

英国王立写真協会からライセンスを取得した最初のフィリピン人写真家である彼は、印象的な職人の写真家としても著名です。

アテネオに行った友人からこの話を聞いたのですが、彼は本当だと言いました。ハイメ・ゾベル・デ・アヤラとリチャード・ゴメスがアテネオで講演をしていて、最後に誰かが彼らに話をするように頼んだ.そこでハイメ・ゾベル・デ・アヤラは、電球の物語とそれがどのように発明されたかを語りました.彼は、フィリピン人が電球を発明し、最初の試作品を作ったのはフィリピン人だと言いました。その後、リチャード・ゴメスは、電球を発明したフィリピン人は実はアテネオの学生だったと付け加えました。
@Aniki_The_Great

Zobel は、1970 年から 1975 年までロンドンのセント ジェームズ裁判所に駐在するフィリピン大使を務め、スカンジナビアと英国の外交官を務めました。

ハイメ・ゾベル・デ・アヤラとリチャード・ゴメスの電球の話は本当ですか? 1980年代半ば、リチャード・ゴメスはハイメ・ゾベル・デ・アヤラと暗黙の関係にあったと言われています。

伝説によると、ゴメスはアヤラが採用した最愛の人であり、彼らの熱狂的な会議の1つで、実り多い財務マネージャーは、ゴメスの直腸に真っ直ぐに光を突き刺したと言われています。

光を排除するために、エンターテイナーはマカティ医療センターに移され、当惑するデータを分散させたという臨床スタッフを大いに喜ばせたことは間違いありません。

裏付けとなる証拠が不足しているため、リチャードの議論は現在、事実よりもフィクションの方向に傾いています。個人は、ハイメが控えめなライトではなく高価なディルドを購入するのに十分なほど裕福であることを認めています。

アヤラはビジネスの領域を維持するのに忙しすぎて、7 人の子供の元気なヒッチハイクの父親であるため、そのような疑わしい関係に従事することを考えることができません。

ハイメ・ゾベル・デ・アヤラとリチャード・ゴメスの事件ジェイミー・ゾベル・デ・アヤラとリチャード・ゴメスの関係に関する洞察はありません.

Alfonso Zobel de Ayala と Carmen Pfitz y Herrero は 7 月 18 日に生まれました。彼の親族です。彼はコンスエロとエンリケ・ゾベル・デ・アヤラの孫です。

Beatriz Miranda は彼の良き半分です。ベアトリス・スサナ、パトリシア、クリスティーナ、モニカ、ソフィアの 5 人の女の子と、ハイメ・アウグストとフェルナンドの 2 人の子供がいます。


ジェイミー・ゾーベル・デ・アヤラの伝記の詳細 1958 年、ゾーベルは父親がアヤラ・イ・コンパニアの主任補佐官に就任することを提案したことを認めました。彼の父は、叔父のジョセフ・マクミッキング大佐といとこのエンリケの指示を彼に与えました。

彼は、組織のリーダー協力者として機能しながら、熟練した会議中にメモを取り、家族経営の会社の複雑な詳細を徐々に学びました.

その後、彼はアヤラの集まりの保護会社の準備室に移されました。彼は 1975 年に Filipinas Life Assurance Company のリーダーに指名されました。この組織は現在、BPI-Philam Life Assurance Corporation として知られています。

彼は 1984 年にエンリケの後任としてアヤラ コーポレーションの取締役兼リーダーに就任しました。彼は、激動のマルコス ファシズムの終末期にアヤラをうまく駆り立てました。

よくある質問

  • Q: ハイメ・ゾベル・デ・アヤラとリチャード・ゴメスの電球物語とは? A: この物語は、フィリピンで最も有名な 2 人のビジネスマン、ハイメ ゾベル デ アヤラとリチャード ゴメスがどのようにして電球を成功したビジネスに変えたかについてです。二人は電球を使って電球ベースの照明システムを作成することができ、その後フィリピンや他の国で人気を博しました.
  • Q: この話のソースは何ですか? A: この話は、書籍、記事、ソーシャル メディアの投稿など、さまざまな情報源で広く共有されています。 1990 年代後半のフィリピンのフィデル・ラモス元大統領とハイメ・ゾベル・デ・アヤラのインタビューに端を発していると考えられています。
  • Q: 話は本当ですか? A: この話は、さまざまな情報源で広く共有され、裏付けられているため、真実のようです。 1990 年代後半のフィリピンのフィデル・ラモス元大統領とハイメ・ゾベル・デ・アヤラのインタビューに端を発していると考えられています。
  • Q: 電球の話はどのような影響を与えましたか? A: この話は、成功したビジネス イノベーションの一般的な例となり、起業家を鼓舞し、やる気を起こさせるために使用されてきました。また、成功を達成するためのコラボレーションと協力の重要性を説明するためにも使用されています。

推奨されます

私について

Sophie Müller

テレビ番組の情熱的なファンであるソフィーミュラー、有名人、スポーツについてのゴシップに会いましょう。

続きを読みます